「城あかり」はライトアップされた熊本城と細川刑部邸の紅葉と竹あかりなど盛りだくさんのイベントでした!

スポンサーリンク

11月20日から開催している秋のくまもとお城まつり「城あかり」に行ってきました。
「城あかり」とは??と言う方に説明すると、

  • 夜の幻想的な熊本城を空中散歩しながら見られる
  • 熊本城の復興状況を間近に感じることが出来る
  • 熊本城の地下にも入れて、ライトアップされた大イチョウも堪能できる
  • 細川刑部邸の紅葉ライトアップが見られる
  • 写真映えする様々な竹灯篭がすごい!
  • 期間限定の御朱印もゲットできる

などなど、かなり内容盛り沢山な素晴らしいイベントだったので紹介していきます。

熊本城を真横に見ながら散歩をする特別感

写真で見てもらった方が早いと思うので、早速写真を。

熊本城の周りをぐるりと回れるように作られた空中回廊を進んでいくと

見えてきました熊本城。

熊本城の一番の見どころともいえる「武者返し」が際立つように綺麗にライトアップされ
正直今まで何度も熊本城を見ていますが、一番幻想的で感動しました。

今しか見ることが出来ない景色なので写真撮りまくりました。

スポンサーリンク

熊本城の復興状況を見て、地震の被害を目の当たりに

ライトアップされた熊本城とは対照的に、
今でも熊本地震から時間が止まったままのような光景もありました。

熊本城をこうやって見学できている事の裏側には多くの人の頑張りがある事を実感させられます。

大迫力の大銀杏と熊本城

熊本城の地下通路を通って、坂を登ると…

左側には、写真に収まりきらない程の大迫力な大銀杏がライトアップされていました。

さらに大迫力の熊本城も。

今まで空中回廊で真横に見ていた熊本城、下から見上げると圧倒されました。

細川刑部邸のライトアップは特別感が素晴らしい

通常は入ることが出来ない細川刑部邸にin出来るだけでも特別なのに、
紅葉のライトアップまで見られるなんて素晴らし過ぎます。


幻想的な竹あかりは写真映えが最高


細川刑部邸の先の梅園には様々な竹あかりが辺りを照らし、
幻想的な雰囲気でした。


今年は例年10月頃に行われている「みずあかり」が中止になってしまい残念に思っていましたが、
まさかここで竹あかりを見ることが出来ると思っていなかったので嬉しいサプライズでした。

今回は時間がなくて行くことが出来ませんでしたが、竹あかりは二の丸公園でもやっているようです。

期間限定の熊本城御朱印?それも2種類?

御朱印帳集めが趣味の人はもちろん、そうじゃない人も、
この「城あかり」期間限定の「「熊本城御朱印」」は気になると思います。

この期間限定の御朱印は2種類あって、購入できる場所もそれぞれ別の場所です。

一つは細川刑部邸のお休み処での販売、もう一つは二の丸のお休み処での販売となっているようです。今回は時間の都合上二の丸にはいくことが出来なかったので、細川刑部邸の方を購入することが出来ました。

細川刑部邸の紅葉にちなんで、紅葉が描かれています。

秋のくまもとお城まつり「城あかり」は、見どころたくさん


この「城あかり」というイベント、僕は今回初めて行ったんですがかなり満喫することが出来ました。満喫しすぎて二の丸の竹あかりが先に終わってしまっていて見ることが出来なくなってしまうほど、時間を忘れて過ごすことが出来ました。

普段見ることが出来ない夜の熊本城と細川刑部邸の紅葉、幻想的な竹あかり、どれも大変素晴らしかったです。そして熊本城がもっと好きになるイベントでした。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です