【革命とはこのこと】でパンの革命を感じました!

スポンサーリンク

2019年11月9日にオープンした「革命とはこのこと」。
お店の名前からは何のお店か検討がつきませんが、熊本に続々オープンしている高級食パンのお店です。

場所は熊本市北区高平。
3号線を市内から北上していくと左側にあります。
「youyouくまもと」の手前と覚えておけば分かりやすいです。

行列に並ぶ必要あり?

早速「革命とはこのこと」に到着です。
着いたのは日曜日の12時頃でしたが、その時間帯の販売は予約で完売。
2時の予約が出来たので、少し時間をつぶしてようやくゲット!

お客さんは事前に予約している方ばかりだったので、行列に並ぶ必要なく購入する事が出来ました。
ちなみに電話予約も出来るようです。素晴らしい!

お店で予約をするとこの様なカードを貰い、パンと引き換えになります。

スポンサーリンク

焼き立てのふわふわと最高の香り


「焼き立てでふわふわなので、気をつけてお持ち帰りください」との店員さんの心遣いをしっかり聞いて、
ゲットしたパンと一緒に車に乗り込むと、パンの焼き立ての香りが車の中に充満しました。

まじで至福です。

「レボリューションな朝」とは?


今回購入したのは、「レボリューションな朝」という
サンマスカットのレーズンがゴロゴロ入ったパンです。

実は、僕は普通の黒いレーズンは少し苦手なんです。

しかしこのサンマスカットのレーズンは、甘味もありつつ酸味もある甘さ控えめの味だったのでかなり気に入りました。僕みたいなレーズンが苦手な人も気に入るレーズンパンだと思います。

もちろん食パン自体に甘味があって、何も付けなくても最高に美味しいです。そしてなんといってもパンがもちもちしていて、そこに爽やかなサンマスカットレーズンが合わさり、食べ出したらやめられたくなってしまいました。

「革命とはこのこと」で販売されているパンの種類は?

「革命とはこのこと」では、これ以外にも、数種類のパンが販売されています。

「革命は突然に」は、阿蘇の白川水源の水を惜しげもなく使用し、厳選された小麦粉、天草の塩、国産生クリームなど、素材にこだわった食パンで、耳まで柔らかくしっとりと口溶けが良い食感はいつまでも食べていたくなってしまう美味しさのパン。

そして今回紹介した「レボリューションな朝」は、口どけが良く少しもっちりと甘味のある食パンにオーストラリアの大地で育った甘酸っぱいサンマスカットレーズンが練り込まれ、程よい甘さと酸味のあるレーズンは一度食べたらやみつきになってしまうほどの美味しさのパン。

これ以外にも限定スペシャル商品として、クルミやチーズの入ったパンもあるとのこと。そんなの絶対美味しいに決まってるはず。いつか購入できた時にはまたレビューしようと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です